投稿

長野県のイメージ

次に住むべき場所を探している。 いま、移住したい県のナンバー1は長野県なのだそうだ。 僕のイメージだと、長野に住むと野沢菜を食べさせられそうだから嫌。 長野で友人でもできて、お宅にお邪魔したが最後、「これ、ウチで漬けたの。おいしいから」と断りにくい勧め方で野沢菜を出してくるに決まっているのだ。 僕は漬物が嫌いなのだ。漬物を食べるなんて、腐った野菜を好んで食べる趣味の悪い人達に見える。 僕は群馬県出身なので、長野だったら群馬でいいやという気持ちが強い。隣同士だし、海がないのは同じだし、似たようなものだろう。 だのに、なぜ群馬は魅力のない県と言われてしまうのだろう? やはり風が強くて、砂埃が常に目を潰しに来るからかな? あと、群馬も下手をすると漬物が出されかねない県だし。風が強い上に、漬物を出されるとなると、確かに住みたくないよな……。

連絡:小説について

今書いている小説の件ですけど、もう、書く時間が取れなくなりました。バイトの休みがないもので。まあ、その分お金はもらえるので、今は稼ぐ時期ということです。 ちょっとずつはやってるんですけど、だいぶペース落ちてます。来年の上半期全部かけてようやく完成するかなというペース。つまり、来年6月くらいに完成するかなという感じです。 それまで、前座として池井戸潤か何か読んで待ってて下さい。

セブンイレブンの100円コーヒー(セブンカフェ)

紙コップを渡されて、いつも検尿を思い出すことでおなじみのセブンカフェのコーヒー。おいしくて好き。 小さいサイズなら100円だから安いし。もっと利用したいと思うんだけど、なぜか利用頻度はそんなに多くない。 コーヒーが出るのを待って、砂糖やミルクを入れて、マドラーで混ぜて、フタを閉めて。という一連の時間がものすごく長く感じてしまう。 時間がもったいないとかいうわけでもない。ただ、一人でコーヒーマシーンを占領してしまうとということの申し訳なさ。後ろで待っている人がいた場合の落ちつかなさ。 そのあたりを総合すると、100円でもちょっと敷居が高くなってしまう。面倒くさくなってしまう。 あのコーヒーをもっと買うためには、そのあたりを感じない図太さを先に買っておく必要があるようだ。

そのためだけにiPadが欲しくなるアプリ

相変わらず画面が剥がれてきたタブレットを使っているんですけど、使うたびに「剥がれてるなあ」って思います。「新しいタブレット欲しいな」って思います。 iPad のアプリで、Planner for iPadていうのがあるらしいんですよ。 そのアプリは Apple Pencil を使って手書き入力できるカレンダーアプリらしいんですけど、Google カレンダーとの同期もできて、紙の手帳ような感覚で使えるのに、デジタルな部分も取り込めるやつで、何より見た目が綺麗。 僕も色々なカレンダーアプリ試してきましたけど、カレンダーのアプリってデジタルだとなんか融通が利かないんですよね。 予定を組むにしても、何月何日ってはっきり決まってる訳じゃなくて、なんとなくこの週辺りにやりたいかなとか、来週かなとか来月かなとか、そういうぼんやりした予定あるじゃないですか。 そういうのグーグルカレンダーとかでやろうと思っても、来月とか来週とか大雑把な予定のメモを置いておくことができなくて不便だと思うことが多いんですよね。 だからそのアプリがすごく羨ましい。使いたい。そのためだけに iPad が欲しいくらいです。 でもやっぱり iPad は好きじゃないんで、多分買いません。Android タブレットとかChromebookタブレットにより魅力を感じるので、おそらくそっちを買います。 でも、もし iPad に逆転の目があるとしたら、そのアプリです。そのアプリ以外には何の魅力も感じません。でもそのアプリだけは、すごく魅力的だなと思います。 昨日に引き続いて、音声認識入力を使ってこの記事を書きましたけど、いつのまにかマイクが切れていることがあって、喋ったのに認識されてなかったとき、あ、俺独り言言ってたって、ちょっと恥ずかしくなります。 いや、ちゃんと認識されていても独り言を言っている事に変わりはないんですけどね……。

音声入力実験

最近の僕の動きについて、音声入力を開拓しようとしています。VOICE in という名前のChrome 拡張機能を使って、直接ブログの編集画面に向かって呟いています。今はとりあえず実験なので、もし間違いがあってもそのまま後悔してしまうと思います。 音声入力を使えば今まで以上にブログの更新は楽になるし、更新頻度も増やせるんじゃないかなと思っています。 特にこちらのブログですね。中指の世界10。多分な海夕日が出てこないんですよ。人の名前だから。登録しないといけないんですかね。 まあとにかくこちらのブログで、どうすれば効率よく音声入力ができるか、実験していこうと思います。

あんたがた ほれ見いや

空耳アワーが復活ということで、録画を見ている。 ジプシーキングスの有名な空耳、「あんたがた ほれ見いや 車ないか こりゃまずいよ」。 あの映像を見ていつも思う。あの「あんたがた ほれ見いや」のおじいさんは誰なんだと。 レッカーの現場を見ていた通りすがりの人だとして、なんで出てきた二人がその車の持ち主だとわかるのか。 知り合いなのか? カンなのか? 最初からずっとあの二人を見ていたのか? あまりに自然だからスルーしがちだが、よく考えると疑問である。

ま、いろいろ考えている。

ま、いろいろ考えている。 来月から秋季キャンプをやる。 その準備をしている。来年からスタートする企画もあって、その準備や調整もしている。 これから、年末まで忙しい日が続き、ブログもあまり書けないだろう。 いろいろ考えている。 来年、中井佑陽.comは週1回くらいの更新を目標にやっていく。 ブログに専念すれば、それで生活することもおそらくできるのだけど、それは僕のやりたいことじゃない。 ブロガーになりたいわけじゃないのだ。やりたいことをやって、それを宣伝するためにブログをやっている。 ブログは、そのうち真剣にやる時がくる。今はまだ始まってもいない。 始めようと思ったとき、ゼロからやらないくていいように、下地作りを少しずつやっているのだ。 いろいろ考えている。 勝間和代さんの本を読んだりして、僕も音声入力を取り入れようかなと思っている。 Googleの音声入力で文章を書けば、かなりのスピードアップになりそう。 でも、ブログはいいけど、小説を書くときに音声入力はキツいな。女の子のセリフも声に出して入力とか、自分のキモさに耐えられないかもしれない。 いろいろ考えている。 お金を稼ぐことに興味が無い。だから、低収入だけど、稼ぐ力が無いと思われるのは悔しい。お金を稼ぐことを第一に考えて生きていれば、もっと稼いでいるだろう。でも、それを選ばなかっただけだ。そういう生き方があったっていいだろう。 いろいろ考えている。 6~7年後くらいにYouTubeもやると思う。 今は、アパート住まいで、隣に声が聞こえるので、配信は無理だが、そのうち、そこそこ声を出しても大丈夫なところに引っ越して、配信したい。 いろいろ考えている。 タブレットが、半開きのハマグリみたいになってしまったことは、前にも書いたけど、それで、次のタブレットをどうするか、調べている。 やはり第1候補はChromebookだ。レノボのキーボード着脱式の2イン1が今人気があるが、それ僕も欲しい。 第2の候補はiPad。スペック的に安心なのと、アップルペンシルが使えると楽しそうだから。 来年くらいにはタブレットタイプのChromebookにさらなる選択肢が増えそうな気もする。それまで今のタブレットを引っ張る方がいいのかも。 eBASEBALLカード集めが成功したらレノボのChromebookを買う。ダメだったらまた来年ということ

秋季キャンプやる予定

そろそろ秋季キャンプの季節。 プロ野球キャンプは日程のずれ込みのせいでできないみたいだけど、僕は関係ないから、例年通りやらなきゃ。 また、ルール作りからだな。 今回のキャンプでは、小説一本書き上げる予定。

起きらんないね

最近寝てばかりいる。 まあ、寝る子は育つと言うし、育っているんだろうね。 育ち盛りなんだろうね。

米津玄師のLemonを聴いたことがない

米津玄師の『Lemon』をちゃんと聴いたことがない。 一説には、YouTubeで1億回以上の再生数を誇る曲だと聞いた。それもずいぶん前だから、今はもっと増えているのかな? でも、聴いたことはない。 これが僕の音楽の疎さ。 わかるのは「夢ならばどれほどよかったでしょう」という部分があること。たぶん、出だしの部分だろう。 これをなんで知っているかというと、去年かおととしの熱闘甲子園でヒロド歩美さんに向かって球児がその部分を歌っていたから。 「へー。これが話題の米津玄師のLemonなんだな」とわかった。 それ以来、ずっと、そこしか知らない。しかも、知らない高校生の歌声でしか聴いたことがない。 そのあと、どういう風に続くのかわからない。 ただ、クリスタルキングの大都会も「裏切りの言葉に」のあと、どう続くのか知ったのはわりと最近だから( https://nakaiyuhi.blogspot.com/2019/09/blog-post_28.html )、米津玄師のLemonの全貌も10~20年後にわかるのかもしれない。自分の中でブームが来るかもしれない

J-popを聴かなくなった

最近の若いアーティストの曲とか全くわからないね。もう年ですよ。 歌である以上、歌詞を楽しみたいという気持ちがある。いい歌詞の曲と出会いたいと思ってはいる。 でも、たまに聴くと、全部がそうじゃないけど、「こういうことが大事だよね」「こういう風に生きよう」「自分は自分らしくいればいい」「君は一人じゃない」みたいな歌詞を聴かされることが結構ある。 この年になると、生き方とか道徳観とか、自分なりに散々考えて考え方も確立しているわけで、そんな歌詞の曲を聴かされるのは、苦痛。 「それは気付かなかったよ」なんてことはまずないし、逆に「それは違うな」とか「浅いな」とかいろいろ思ってしまう。 そうなると、僕が求めるのは、やっぱり物語である。 「こういう人がいて、こういうことがあった」という物語なら、誰が作ったものであれ、そういうものとして、受け入れることができる。自分の考え方・主義・思想関係ないから。 ということで、最近はオーディオブックをよく聴くようになっている。よく分からない曲を聴くくらいならオーディオブックを僕は選ぶ。 音楽が好きかどうかは別として、今の僕に音楽を聴く習慣はほぼない。 イヤホンはいつも付けているけど、聴いているのはラジオかオーディオブック。 でも、最近の歌でも、おそらく、いい曲もあると思う。ちゃんと探そうとしていないだけで、探せばあるんだと思う。 でも、探す気になれない。だって、あまりに手がかりがないし、あまりに多すぎる。 だから、なんというか、音楽業界の人、申し訳ない。僕には、昔のような熱はもうないんだ。

最近の変化

なんか、最近、欲しくもない「ワンタッチ蚊帳」の紹介メールがたくさん届くようになった。 ワンタッチ蚊帳はいりませんよって、教えてあげられないものか。