2019年12月8日日曜日

夜のルーティン

夜のルーティンみたいなものは、昔から考えてはいた。

風呂に入って寝るまでの流れを決めて、その間にそれ以外、何も挟まないようにする。

余計なことをせずに、風呂に入って速やかに寝る。ただ、それだけのこと。ただ、余計なことをしたくなってしまうのが夜という時間帯。

ニュースサイトなど見始めたらもう終わり。延々と見てしまう。でも、その日のスポーツの結果とか気になって見ちゃうんだよね……。

まあ、ある程度は仕方ないとして、夜11時前にはルーティンを開始し、入浴から寝床まで一直線の導線を作っておきたい。

今回改めて「ルーチンタイマー」というアプリに、入浴前にやることを登録した。

具体的には、お風呂のお湯をためている間に、着替えを準備して、パソコンを使えないように画面の電源を落とし、タブレットは充電するなどである。

アプリはあくまで補助。アプリなしでも自然とできるようになるのが目標だ。

ただ、やはり問題は、そのアプリをいつスタートするのかということだ。アラームをセットして「始めて下さい」といっても無視する習慣がついてしまうくらい夜の自分は制御しづらい。

とはいえ、そこまで自然と持っていく流れを作るアイデアもない。そこはもう、自分の意思と意地に頼るしかない。

前回触れた「Habitify」というアプリ。無料版なら、習慣を3つまで登録できる。なら、全部の習慣をチェックするのではなく、「意地でもやること」を3つまで管理するのに使ってみようと思う。やはり、何日続いているみたいなのは、やる気にもつながるし……。でも意地でも有料版は買わない。 パソコンで使えるのが大きい。パソコンでできると、メールチェックからの流れとかでチェックできるから。

つまり、夜の入浴ルーティンをしっかり行ったかHabitifyで毎日チェック。しっかり意識付けを行って、夜はルーティンに沿って動き、それ以外の余計なことをせず、すぐ布団に入ることを実現したい。

しばらくその方向で実験する。うまくいかないようならまた考える。

2019年12月6日金曜日

議題011 夜の過ごし方を変えたい

夜ダラダラ過ごしてしまう習慣を止めたいので、夜の過ごし方をルーティン化したいと思っているのだけど、 そのルーティンをどうやって作っていくかということで悩んでいる。

アプリで管理みたいなことを考えるのだけど、そもそもアプリを使うことが習慣にならない。

毎日の繰り返しを管理しつつ、習慣になっているかどうかも記録できるようなアプリがあると便利な気がする。 夜の過ごし方が日に日に改善されていくのが見えるから。

前にリズムケアがクラウドで使えればいいみたいな話をしたけど、「habitify」というアプリはクラウド同期して使えるタイプだから前から気になっている。

ただ、無料だと制限がキツい。登録できる習慣が3つまで。3つくらいだったら覚えられる。忘れちゃいそうなことを意識させることに使いたいので、無料では使えない。

有料は買い切りで4000円以上する。ちょっと手が出せない。

どうしようかな?

2019年12月5日木曜日

報告。電子ペーパー端末買います

最近、頑張っても、あまりいいこともないので、電子ペーパー端末を買います。

そういう決断をしました。

買うのはlikebookというものなのですが、詳しいレビューなどはのちのち、じっくり中井佑陽.comでやりますのでお待ちください。

ということで、この議題は解決です。

2019年12月3日火曜日

セールスマンの技術

たまたま来たセールスの人に乗っかって電気を契約したことについて、もうちょっと言っておこう。

普段、セールスの人が来ても大抵無視する。でも今日は無視しなかったのはなぜか。

まず、その人のドアの叩き方がうまかった。ドアを叩きつつ、外から明るく声をかける。ちょうど配達の人でも来たかのようだった。つい「はいはい」と出て行ってしまいたくなる。

でも何も注文していないので、セールスの可能性が高いと思った。

ただ、セールスの場合、自分の部屋に来る前に、隣の家のベルがならされたり、ドアが叩かれる音が聞こえるので、「次はうちの番かな?」などと身構えるのだが、今回はそれがなかった。うちにまっすぐ来たように思えた。だから、本当に配達の人かもしれないとも思った。実家の親が、突然何か送ってくることがたまにある。その類の可能性も頭をよぎったのだ。

「セールスだとしたらうまいな」と思いつつ、一度は無視した。

それで終わりなら、それでもよかった。 でも、今日は天気がよく、多少気分がよかったこと、仕事が忙しくなく、多少暇があったこと、それらが重なり、人と少しくらい話してもいいかなという気分だったため、「もし、もう一回来たら、話くらい聞いてやろうかな、本当に配達かもしれないし」と思ったところに、もう一度ノックがあったので、出てみることにしたという経緯。

本当にたまたまという感じ。

と、こっちは思っている。でも、向こうは全部計算しているのかな? とか勘ぐってしまう。だとしたら、技術の高さに感心してしまう。

ちょっと詐欺っぽかったけどね。

電気のこと気になって調べてみた。こんなのが見つかる。

https://jiyu-denki.com/victim-of-fraud

さっきの、「まちエネ」のセールスの人も、最初来たとき、ちょっと詐欺っぽかった。

「このアパートでは、先日メーターをスマートメーターに取り替えたので、手続きしてもらえると、電気料金が安くなるんですけど、まだその手続きはお済みではないですよね?」みたいなことを言われたのだ。

だから、かなり警戒した。持っていた資料を借りて、まちエネについて、その場ですぐ調べ、まあ、利害として悪くなかったからオーケーしたけど、やり方としてはちょっと詐欺まがいだと思う。

「アパートの設備が変わったから」みたいな空気を出していたけど、電気のセールスなのは明らかだった。こっちはわかった上で対応したけど、最初は怖かった。

なぜ最初から、「別の電気会社に変えませんか?」と素直に言わないんだろう。

電気会社を変えることは、面倒だから放置していたけど、ある程度こちらの面倒を被ってくれるならやぶさかではないのに。

もう、本当に今回たまたま。次はないと思ってほしい。

まちエネ

ちょっと前に、電気が自由化になった。

そういうのがあるのは聞いていたが、どこも大差はないだろうと放置していた。

まちエネというローソンの提供する電気の会社の人がセールスに来た。なんだかよくわからないけど、東京電力よりは安くなることがわかった。

ただ会社が切り替わるだけで、こちらには、リスクもデメリットもないという。

このまま何もしなくても、どうせ東京電力の料金を払うことになるのだから、わかった、いいだろうと、契約した。

どうせ大差はないのだから、別に契約してやってもいいというくらいの気持ちだ。

まちエネはPontaポイントがたまるというメリットがあるらしいが、Pontaポイントをためていないのでこれは意味がない。

でも他に、月1回、ローソンの無料クーポンがもらえるという特典があるらしい。何か、税込み160円相当の商品がローソンでもらえるのだという。それは、ちょっといいかもしれない。

他にもっといい会社があるかもしれないが、どうせ大差はない。それは今度引っ越すことになったら考える。

言っておくけど、僕は、ホイホイなんでも契約するわけではない。今回はたまたまセールスの人の訪問のタイミングがよかった。彼の運がよかったという以外の何ものでもない。

2019年12月2日月曜日

小説が下手な人いないかな?

小説を書こうと思っている。

書く前に、人の書いたものを読んでみることにした。

それにあたって、ちょっと下手な人の小説を読みたい。

小説の投稿サイトとかで、いい具合に下手な人を見つけたい。

下手だけど、何か一生懸命伝えようとしている感じを見たい。

ただ、そんなに下手な人、いないんだろうな。見つかるかな?